残業について

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
社会人ならば、退社時間ぎりぎりになって、上司から残業を命じられることもあります。

残業は、やりたくないと思っても、やらなければならない仕事の一つと考えましょう。

ただし、特別な事情がある場合は「申し訳ありませんが、今日は○○の用事がありまして・・・」と説明し、断ることもできます。

「ただ単に、嫌だから」という理由だけで残業を断り続けるのは、仕事に対する熱意が足りないと思われることもあります。

あくまでも自分は、会社という集団の中の一員だということを忘れてはいけません。

また、時間外労働は、労働基準法上認められていませんが、実際は黙認されている職場が多いようです。

あまりにもひどい時間外労働を強いられている場合、直接上司に相談するか、労働組合を通して改善する方法も考えられます。